下半身の脱毛を希望する人が増えているんだそうです。

それが、若い人なら、なんとなく、その理由とかも、うかがい知れるのですが。
中高年と呼ばれる、いわゆる団塊の世代の人達に、増えているんだそうです。
男女比でいうと、女性に多いんだそうです。

その理由が、切ないというか、希望が持てるというか。

この団塊の世代の女性ってと、その親世代の介護の経験が、あるんだそうです。
介護っていうと、いろいろなきついことや、大変なことが、たくさん問題となって、降りかかってきます。

そんな介護の経験をしてきた中で、下半身の世話って、とっても大変なんですね。
できることなら、避けたい部分ですが、そうもいかないし、
他に、誰が、やってくれるのっていう・・・

そんな下半身の世話をしている時に、アンダーヘアが、ない方が、介護をする側として、ずいぶん楽になるし、介護をされる方としても、毛がないっていうことで、清潔に保てるし、臭いの対策にも、なるしっていうことに、気が付いてきたんだそうです。

だから、この団塊の世代に、それも、女性に、下半身脱毛をする女性が、増えているんだっていうお話を聞いて、切なくも、明るい未来を、想像しました。

ただ、決断をするのなら、早い方がいいっていう話も、あるんですね。
それというのも、レーザーとかの特殊な光で処理をする方法だと、白髪には、反応しないかもしれないから、なんだそうです。